SEO対策とは何か。

世界中に無数に存在するホームページ。
これらを適切に、ニーズのあるユーザーに向けて関連するキーワードなどをもちいて検索させるサービス、
それがサーチエンジン(検索エンジン)です。

日本ではGoogleやヤフー、Bingなどが多く使われていますが、
シェアでいうとヤフーが約50%。
次いでGoogleが約40%程となっており、この2つで90%近いシェアを誇っています。
しかもヤフーの検索エンジンはベースがGoogleのエンジンで、
それから導き出されるSERPs(検索結果)にヤフー独自の味付けを施しているというものなので、
わかりやすくいうと約90%のネットユーザーがGoogleのシステムで検索していると言う事になります。

ホームページは単に作っても無人島に突然お店を開いたようなもので、
誰かに知られない限りそこにユーザーが訪問してくることはありえず、当然売上げもあがりません。
作成したホームページがGoogleにインデックスされ、
そのニーズをもったユーザーが検索し、SERPs上に表示され、アクセスされることではじめて成立するのです。

前述の通り、ユーザーにアクセスされて初めて意味をもつホームページですが、
ユーザーがアクセスする導線は大きく分けて2つあります。
①検索エンジンによるオーガニック検索
②リスティングなどの広告
SEO対策とは①の「検索エンジンによるオーガニック検索」される事を目的とした考え方で、
SEOとは[Search Engine Optimization]の略であり、日本語では【検索エンジン最適化】といいます。

自社ホームページのアクセスを向上させる為に、検索エンジンのSERPsにおいて上位表示されるよう、
キーワードやソースなどを最適化する技術、それが【SEO対策】なのです。

お問合せ・ご質問はこちらから。


会社名 (必須)     


お名前 (必須)      


メールアドレス (必須)  


お電話番号 (必須)   


メッセージ本文