iPhoneカメラにも向きがある。

iPhoneやiPadなどにはカメラが搭載されていますが、このカメラに「向き」があることはご存知ですか?

正しい向きは、「縦で撮る場合はホームボタンが下・横向きの時はホームボタンが右」です。

通常使う時にはあまり関係ないのですが、
間違った向きで撮影した画像をブログなどにiPhoneやiPadから直接使用した場合、
正しい向きで画像が表示されない事があります。

これは「EXIF(Exchangeable image file format)」という富士フィルムが開発した画像それぞれにつくメタ情報に関係した現象です。
EXIFの中には撮影時のさまざま情報が書き込まれており、
どの向きで撮られた画像なのかが記述された情報が使用時に干渉して正しい向きで表示されなくなるのです。

対応方法としては、PCなどで画像を再編集し正しい向きに置き換えるか、
EXIF情報を削除し向きを正しくするかのどちらかとなります。

「横向きの時はホームボタンが右」
左利きの方には押しにくそうな向きですね。

お問合せ・ご質問はこちらから。


会社名 (必須)     


お名前 (必須)      


メールアドレス (必須)  


お電話番号 (必須)   


メッセージ本文