ロングテール商品とは何か。

物品の販売には、「売れ筋」の商品と「売れ筋ではない」商品(死に筋商品)の2つがあります。

ECサイトの平均商品陳列数は10000点と言われており、
売上げの約80%はこれらの中の「売れ筋ではない商品」部分で構成されます。

この売れ筋ではない商品で構成される約80%の部分を「ロングテール商品」と呼びます。(逆パレートの法則)

ECサイトの運営において大切な要素の1つがこのロングテール商品の活用で、
これらを数多く取り揃えることで、対象となるユーザーを幅広く集めることができ、
結果としてショップ全体の収益を上げる助けとするだけでなく、売れ筋商品の認知度アップにも貢献させる事が可能となります。

またこれとは逆に、大手と言われるECサイトなどでは、
総陳列商品の20%にあたる「売れ筋」商品が、売上の80%を占めるという場合もあります。(パレートの法則)
この場合もロングテール部分を拡充することで、総売上アップへの貢献が期待できます。

お店にある、普段あまり売上に貢献していない商品、クローズ品などを積極的に掲載し、商品数を増やし、
ユーザーのニッチなニーズを満たすショッピングサイトを目指していく事が成功の秘訣の1つと言えるでしょう。

お問合せ・ご質問はこちらから。


会社名 (必須)     


お名前 (必須)      


メールアドレス (必須)  


お電話番号 (必須)   


メッセージ本文