ビジネスに結びつかない理由。

ホームページは立ち上がり、問題なく運用はできいるにも関わらず、
全くお問合せや販売につながらないということがあります。

これにはそのサイト毎にさまざまな理由があるのですが、
最も根本的な問題を抱えている場合があります。
それはGoogleにインデックスされていない場合です。

ホームページは基本的にいずれかの検索エンジンによって検索され、それに基づき訪問されるものです。
よって検索エンジンのデータベース上にそのサイトの存在が記録されていないとどんなに努力しても報われることはありません。

「Googleで検索しても自社のサイトが出てこない。」
そんなことはございませんか。
Googleにインデックスされない理由は大きく分けて2つあります。
①ホームページを構成するソースになんらかの記述ミスがある。
②Googleからペナルティを受け、除外されている。

「①ホームページを構成するソースになんらかの記述ミスがある。」
例えば、Googleにインデックスされないような記述がホームページを構成するhtml内に挿入されている場合や、
少し専門的となりますが、「canonical属性」の記述が他のサイトを指している場合などです。

「②Googleからペナルティを受け、除外されている。」場合は、
例えば被リンクSEO対策などを行い、大量のリンクを集めた結果、Googleの基準に合わずペナルティを与えられ除外されるなどです。

Googleにインデックスされているかどうか調べてみましょう。
調べるためにはGoogleにアクセスし、「site:○○○○○○.com」などと検索してみて下さい。
サイトがインデックスされていれば何らかの情報が提示されるはずです。
もし何の情報も出てこなければ、それはなんらかの理由によりインデックスされていない事を意味します。

例えば弊社であれば、「site:kurum.jp」と検索します。(「」はなしで検索して下さい。)

いかがでしょうか。
インデックスされていますか?

お問合せ・ご質問はこちらから。


会社名 (必須)     


お名前 (必須)      


メールアドレス (必須)  


お電話番号 (必須)   


メッセージ本文